JA鹿児島県経済連 組合長   担当者
  <46>             
平成30年2月20日(火) 園芸事業部 野菜振興課
項目 先週の販売実績           本年累計実績(2/11販売現在)
  2/13〜2/17 現在の販売状況と今後の販売見通し 販売計画 数量 進捗率 単価
品目 区分 数量(トン) 単価(円/kg)         トン トン 円/kg
野菜全体       高値の影響から末端での動きは鈍化傾向にありますが、品薄で絶対量不足となっているため、相場は横ばいで推移しました。春野菜フェアの開催の動きも出始めていますが、まだ大きな数量回復とまではいかないこともあり、概ね横ばいでの販売となる見込みです。 130,660 35,408 27% 276
本年 3,188 299
前年 4,684 254
スナップ       寒波の影響による絶対量不足から、堅調な相場推移が続いていました。今週は本県産もようやく数量回復傾向となることから、再度売場の確保に向けてやや相場を下げての販売となる見込みです。 2,100 693 33% 1,077
本年 81 986
前年 137 865
ピーマン       先週中頃から本県産・他県産ともに数量はやや増量傾向となっており、これまでの高値も影響し、やや弱めの相場展開となっています。今週も各産地横這いから増量の見通しとなるなか、相場を下げながらの販売となる見込みです。 11,500 4,720 41% 558
本年 376 665
前年 379 549
白ねぎ       大分県産を中心に各県産引き続き入荷量は少ないなかで、堅調な相場推移となりました。今週も数量の回復の見通しはないことから、販売環境は変わらず横ばいでの販売となる見込みです。 1,740 669 38% 387
本年 48 399
前年 63 329